幼い子供が嘔吐を繰り返しているのを見ると、看病する側も焦りがちです。病状をよく観察し、すぐに受診しましょう。

細菌性下痢症

細菌性下痢症とは

 
細菌性下痢症とは、子どもが下痢になる病気は様々ありますが、その中でも細菌に感染して下痢になる病気を細菌性下痢症といいます。O-157

いわゆる食中毒の状態をいう場合が多いです。 主な原因菌は、サルモネラ菌、病原性大腸菌、カンピロバクターなどがあります。
大腸菌の中でも腸管出血性大腸菌O-157はよく知られている細菌ですのでご存知の方も多いと思います。










症状

症状は、下痢をはじめ、腹痛、嘔吐、吐き気などがあり、発熱を伴う場合もあります。
冬に流行するノロやロタといったウィルス性の胃腸炎より、下痢や腹痛の症状が激しいともいわれています。
ロタウイルスについて

予防

細菌が発生しやすい梅雨~夏の時期は、調理用具を清潔に保ちましょう。細菌には塩素系漂白剤が有効ですので、定期的な消毒を行うことも大切です。 サルモネラ菌は生卵や鶏肉、レバーなどに含まれますので、免疫力が落ちている時などは、きちんと火を通してから子どもに食べさせるようにしましょう。

潜伏期間

潜伏期間は原因となる細菌によって異なります。 サルモネラ菌は7~72時間、病原性大腸菌は3~5日、カンピロバクターは2~3日の潜伏期間を経て症状が出始めます。

感染しやすい時期

細菌が繁殖しやすい夏の時期の発症が多い病気です。

ペットボトルと水の入ったグラス

治療方法

細菌が体の中にあるうちは症状が続きますので、下痢止めは処方されない場合が多いでしょう。整腸剤や、熱が高い場合は解熱鎮痛剤が処方されます。下痢によって脱水症状が出ている場合は点滴治療が行われます。 自宅でのケアは、胃にやさしい消化の良い食べ物や経口補水液を与えて脱水症状を防ぎましょう。

 





ピロリ菌とは? ピロリ菌とはどんな菌か。 名称はヘリコバクター・ピロリ。 主に人の胃に生息しており胃だけではな ・・・[続きを読む]
2016.04.28
食中毒は大変辛い症状があり、場合によっては重症化することもあります。食中毒には細菌性によるものとウイルス性のも ・・・[続きを読む]
2016.04.28
小児の感染症の一つ溶連菌感染症は喉の痛みが特徴。細菌による感染症は医療機関で診察を受けて正しい治療を早期に始め ・・・[続きを読む]
2016.04.28
とびひは正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と呼ばれています。皮膚の疾患で人から人へ感染すること ・・・[続きを読む]
2016.04.28
子供に多くみられる水イボは、粘膜や皮膚のウイルス感染症の一つです。感染力はそれほど強くはありませんが、不快な症 ・・・[続きを読む]
2016.04.28
咽頭結膜熱について 咽頭結膜熱は通称プール熱とも呼ばれる子供に多い夏の病気の一つ大流行する年もあるため、ピーク ・・・[続きを読む]
2016.04.28
プール熱とは 子供が夏にかかる病気の一つで、プールでの感染が多いためにプール熱と呼ばれています。この病気の症状 ・・・[続きを読む]
2016.04.28
風疹ははしかにも似ていることから、「3日はしか」とも呼ばれています。子供がかかる病気の一つとしてお馴染みですが ・・・[続きを読む]
2016.04.28
夏風邪としてお馴染みのヘルパンギーナは高熱がでる辛い症状があります。夏風邪の代表的な病気の一つですが、健康に夏 ・・・[続きを読む]
2016.04.28
リンゴ病 リンゴ病は正式には伝染性紅斑と呼ばれる子供に多い感染症の一つ。リンゴ病と呼ばれるのは症状で頬がリンゴ ・・・[続きを読む]