幼い子供が嘔吐を繰り返しているのを見ると、看病する側も焦りがちです。病状をよく観察し、すぐに受診しましょう。

RSウィルス感染症

RSウィルス感染症とは

呼吸器官の感染症で新生児から発症することもある風邪症候群の代表的な感染症です。2歳になるまでにほとんどの子どもが感染すると言われています。2歳以下の子どもの場合、体力がないと重症化しやすく入院となるケースも多い病気です。呼吸が荒く苦しそうな場合や食事ができない場合はすぐに受診しましょう。

マスクする苦しそうな赤ちゃん

【症状】

RSウィルス感染症の代表的な症状は、発熱や鼻水、咳などです。ウィルスが気管や肺に入り込み肺炎や細気管支炎(気管支の先の細い部分にまで炎症が広がる)を発症すると、咳がひどくなりゼーゼーと苦しそうな呼吸になります。

【予防】

RSウィルスの感染を予防するには、石けんを使っての細目な手洗いが大切です。外から帰ってきたときや、食事の前などきちんと手を洗いましょう。大人が風邪を引いている場合はRSウィルスによる風邪かもしれないので、子どもに移らないようにマスクを付けるなどの対策も必要です。
体力のない早産児などを対象とした重症化を防ぐための注射も認可されていますので、摂取希望の場合は流行が始まる前(秋ごろ)までに医療機関を受診しましょう。

【潜伏期間】

潜伏期間は2~5日と言われています。

【感染しやすい時期】

RSウィルス感染症は、インフルエンザと同じような時期に流行します。秋~冬の時期に発症するケースが多いと言われています。

【治療方法】

特効薬はないので、対症療法が中心となります。高熱が続く場合は解熱鎮痛剤、細気管支炎や肺炎を起こしている場合は抗菌薬が処方されるでしょう。水分補給や栄養補給が困難な場合は、点滴治療を行う場合もあります。自宅のケアでは、鼻水をこまめに吸ってあげることが大切です。
手洗いうがい

ピロリ菌とは? ピロリ菌とはどんな菌か。 名称はヘリコバクター・ピロリ。 主に人の胃に生息しており胃だけではなく十二指腸の病原菌であるとも言われています。 大きさは4μでねじれた形の体をして ・・・[続きを読む]
2016.04.28
食中毒は大変辛い症状があり、場合によっては重症化することもあります。食中毒には細菌性によるものとウイルス性のものがありますが、どのような違いがあるのか、食中毒の特長についてご紹介したいと思い ・・・[続きを読む]
2016.04.28
小児の感染症の一つ溶連菌感染症は喉の痛みが特徴。細菌による感染症は医療機関で診察を受けて正しい治療を早期に始めることが大切です。では溶連菌感染症の特徴について早速ご紹介したいと思います。 溶 ・・・[続きを読む]
2016.04.28
とびひは正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と呼ばれています。皮膚の疾患で人から人へ感染することが特徴です。とびひの対処はどうしたらよいのか、原因や治療方法についてご紹介しまし ・・・[続きを読む]
2016.04.28
子供に多くみられる水イボは、粘膜や皮膚のウイルス感染症の一つです。感染力はそれほど強くはありませんが、不快な症状のため早期の治療が好ましいですね。では早速ですが水イボの特徴についてご紹介しま ・・・[続きを読む]
2016.04.28
咽頭結膜熱について 咽頭結膜熱は通称プール熱とも呼ばれる子供に多い夏の病気の一つ大流行する年もあるため、ピークになる季節は特に体調管理には注意したいですね。咽頭結結膜熱の特長について早速ご紹 ・・・[続きを読む]
2016.04.28
プール熱とは 子供が夏にかかる病気の一つで、プールでの感染が多いためにプール熱と呼ばれています。この病気の症状や治療方法、そして予防対策についてまとめてみました。夏の子供の体調管理には充分に ・・・[続きを読む]
2016.04.28
風疹ははしかにも似ていることから、「3日はしか」とも呼ばれています。子供がかかる病気の一つとしてお馴染みですが、風疹とはどんな病気なのか特徴をご紹介したいと思います。小さなお子さんがいる家庭 ・・・[続きを読む]
2016.04.28
夏風邪としてお馴染みのヘルパンギーナは高熱がでる辛い症状があります。夏風邪の代表的な病気の一つですが、健康に夏を過ごすためにもこの病気の特長を理解して、予防対策をしっかり行いましょう。 ヘル ・・・[続きを読む]
2016.04.28
リンゴ病 リンゴ病は正式には伝染性紅斑と呼ばれる子供に多い感染症の一つ。リンゴ病と呼ばれるのは症状で頬がリンゴのような赤くなる為、このように呼ばれています。 ではリンゴ病とはいったいどんな病 ・・・[続きを読む]