幼い子供が嘔吐を繰り返しているのを見ると、看病する側も焦りがちです。病状をよく観察し、すぐに受診しましょう。

水イボ

子供に多くみられる水イボは、粘膜や皮膚のウイルス感染症の一つです。感染力はそれほど強くはありませんが、不快な症状のため早期の治療が好ましいですね。では早速ですが水イボの特徴についてご紹介しましょう。

水イボの原因について

 

水イボは児童期にあたる3歳から15歳前後の子供に多く感染する病気。なかでも10歳未満の子供に発症するのが全体の約80%とも言われています。気になる水イボの原因ですが、伝染性軟属腫ウイルスの感染によるもの。

俗にいうイボのようなものができるのが症状です。イボの大きさは直径が1㎜から3㎜程度のものが多く、体の中ではワキの下や膝、肘にできることが一般的です。

アトピーなど肌の乾燥が目立つ場合は、皮膚のバリア機能が減少しているため、ウイルスに感染しやすいとも言われています。水イボは治療をせずにそのまま放置しても自然治癒して、2年ほどで抗体ができるといわれています。

しかし症状にはかゆみも伴うため適切なケアが必要です。










水イボの感染経路

泳いでいる子
水イボの感染経路ですが、プールで感染者の肌と接触するなど、感染力は低いのですが直接的な接触感染が経路となっています。体調不良で免疫力が衰えている場合にはウイルスの感染力も強くなりますのでご注意ください。
※関連病気:プール熱ってしってます?プール熱とは?
感染者と同じお風呂やプールに入るだけではウイルス感染することはありませんが、

看護師感染者が使用したタオルにはウイルスが付着している可能性があるため、家族間でのタオルの共有も注意しないといけません。

水イボはかゆみを伴うため無理に掻いてしまうと皮膚にダメージを与え、さらにイボが広がる原因にもなります。

水イボの対処についてはそれぞれ意見が異なり、しっかり治療したほうがいい派とそのまま放置して自然治癒させる派にわかれるようですが、感染を予防するためには正しいケアをすることが必要です。

水イボを治療する効果的な方法

 
ピンセット
水イボは症状によっては特に治療は必要がないといわれていますが、一般的な対処としてはイソジンを塗って治す方法やピンセットでイボを取り除く方法などがあります。イソジンを使う際はお風呂に入ってまず体を清潔にします。

イボの一つひとつにイソジンを塗り、1か月ほどで治る場合がほとんどです。またヨクイニンと呼ばれる生薬も水イボに効果があるといわれていますので、水イボは自宅で時間をかけ根気良く治療が必要ですね。

全身に広がってしまう場合や、痛みを伴うときにはすぐに医療機関で診察を受けましょう。






ピロリ菌とは? ピロリ菌とはどんな菌か。 名称はヘリコバクター・ピロリ。 主に人の胃に生息しており胃だけではな ・・・[続きを読む]
2016.04.28
食中毒は大変辛い症状があり、場合によっては重症化することもあります。食中毒には細菌性によるものとウイルス性のも ・・・[続きを読む]
2016.04.28
小児の感染症の一つ溶連菌感染症は喉の痛みが特徴。細菌による感染症は医療機関で診察を受けて正しい治療を早期に始め ・・・[続きを読む]
2016.04.28
とびひは正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と呼ばれています。皮膚の疾患で人から人へ感染すること ・・・[続きを読む]
2016.04.28
子供に多くみられる水イボは、粘膜や皮膚のウイルス感染症の一つです。感染力はそれほど強くはありませんが、不快な症 ・・・[続きを読む]
2016.04.28
咽頭結膜熱について 咽頭結膜熱は通称プール熱とも呼ばれる子供に多い夏の病気の一つ大流行する年もあるため、ピーク ・・・[続きを読む]
2016.04.28
プール熱とは 子供が夏にかかる病気の一つで、プールでの感染が多いためにプール熱と呼ばれています。この病気の症状 ・・・[続きを読む]
2016.04.28
風疹ははしかにも似ていることから、「3日はしか」とも呼ばれています。子供がかかる病気の一つとしてお馴染みですが ・・・[続きを読む]
2016.04.28
夏風邪としてお馴染みのヘルパンギーナは高熱がでる辛い症状があります。夏風邪の代表的な病気の一つですが、健康に夏 ・・・[続きを読む]
2016.04.28
リンゴ病 リンゴ病は正式には伝染性紅斑と呼ばれる子供に多い感染症の一つ。リンゴ病と呼ばれるのは症状で頬がリンゴ ・・・[続きを読む]