幼い子供が嘔吐を繰り返しているのを見ると、看病する側も焦りがちです。病状をよく観察し、すぐに受診しましょう。

手足口病 赤ちゃん逃げろ

夏にピークがやってくる手足口病は乳幼児に多く見られる病気の一つ。過去には大流行した年もあり毎年予防対策が重要になっています。
では手足口病の特長について早速ご紹介したいと思います。お子さんの健康のためにぜひ参考にしてくださいね。

手足口病って何?

手足口病の子
手足口病という名前は小さなお子さんをお持ちの方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。この病気はエンテロウイルス71やコクサッキーウイルスA16と呼ばれるウイルスが原因で感染する病気。病名の通り症状は手の平や足の裏、口の中をはじめ全身に湿疹が広がります。発熱は38度前後で潜伏期間は3日~6日ほどあるといわれています。

悪化すると脳炎などに進行する場合もありますので、早めの治療が必要になりますが、毎年原因のウイルスが異なるため、症状にも多少の違いがあります。感染経路は感染者との接触、くしゃみなどの飛沫感染、便からの感染などがあり非常に感染力が強いウイルスであることも特徴です。










治療方法について

 
手足口病に感染した場合は水ぼうそうのように幼稚園などは出席停止にはならない為、医師の判断により休みを取る必要があります。手足口病の治療には残念ながら特別な薬がなく、処方されるものは痛み止めなどの鎮痛剤などしかありません。自然治癒で回復をするのを待たないといけない為、ゆっくり休養をとりましょう。

症状の湿疹は口の中にも広がり、時には水分を摂取することすら痛む場合もありますが、水分補給を十分に行なわないと脱水症状を起すためご注意くださいね。食事は消化のよいものでなるべく柔らかいもの。そして屋外で日光を浴びると湿疹が広がりかゆみが悪化する場合もありますので、室内にいる場合も温度を上げ過ぎないようご注意ください。

効果的な予防対策

医者手足口病は治った後でもしばらくの間は便などにまだウイルスが残っています。なかには感染しても発病せず症状が出ない場合もあるため、流行する夏の間は特に予防対策が必要ですね。特に乳幼児が集団生活する施設に行く場合には手洗いをしっかり行う事。

そしておむつ交換を注意しながら行う事、タオルの共有をさけるなど、感染を広げないようにすることもポイントです。感染してもほとんどの場合は軽い症状で終わりますが、ほとんどの子供がかかり免疫をつける感染症の一つ。特にピークになるのが毎年7月下旬ごろ。予防対策のためにも日頃から栄養バランスの取れた食事をし、睡眠をとること。そして免疫力を高めるような生活を心がけましょう。 





ピロリ菌とは? ピロリ菌とはどんな菌か。 名称はヘリコバクター・ピロリ。 主に人の胃に生息しており胃だけではな ・・・[続きを読む]
2016.04.28
食中毒は大変辛い症状があり、場合によっては重症化することもあります。食中毒には細菌性によるものとウイルス性のも ・・・[続きを読む]
2016.04.28
小児の感染症の一つ溶連菌感染症は喉の痛みが特徴。細菌による感染症は医療機関で診察を受けて正しい治療を早期に始め ・・・[続きを読む]
2016.04.28
とびひは正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と呼ばれています。皮膚の疾患で人から人へ感染すること ・・・[続きを読む]
2016.04.28
子供に多くみられる水イボは、粘膜や皮膚のウイルス感染症の一つです。感染力はそれほど強くはありませんが、不快な症 ・・・[続きを読む]
2016.04.28
咽頭結膜熱について 咽頭結膜熱は通称プール熱とも呼ばれる子供に多い夏の病気の一つ大流行する年もあるため、ピーク ・・・[続きを読む]
2016.04.28
プール熱とは 子供が夏にかかる病気の一つで、プールでの感染が多いためにプール熱と呼ばれています。この病気の症状 ・・・[続きを読む]
2016.04.28
風疹ははしかにも似ていることから、「3日はしか」とも呼ばれています。子供がかかる病気の一つとしてお馴染みですが ・・・[続きを読む]
2016.04.28
夏風邪としてお馴染みのヘルパンギーナは高熱がでる辛い症状があります。夏風邪の代表的な病気の一つですが、健康に夏 ・・・[続きを読む]
2016.04.28
リンゴ病 リンゴ病は正式には伝染性紅斑と呼ばれる子供に多い感染症の一つ。リンゴ病と呼ばれるのは症状で頬がリンゴ ・・・[続きを読む]