幼い子供が嘔吐を繰り返しているのを見ると、看病する側も焦りがちです。病状をよく観察し、すぐに受診しましょう。

猫ひっかき病・イヌ回虫症

猫ひっかき病とは

猫ひっかき病とは、猫や犬にひっかかれたり、噛まれたりすることでバルトネラ属の細菌が体に侵入し発症する病気です。日本国内にいる猫の1割が保菌しているといわれています。

猫のあくび

【症状】

初めに現れるのが、傷ができた場所にできる発疹(膿をもっている場合もある)や瘡蓋(かさぶた)です。その後、頸部や脇の下などのリンパ節の腫れがみられます。その他には、発熱を伴ったり意識障害や結膜炎になったりする場合も少数ですが報告されています。
抵抗力がある場合は目立った症状が出ないこともあります。

【予防】

猫を飼っている場合は、ノミやダニが原因となり保菌するので駆除を行います。猫を飼っていない場合は、外でむやみに猫に触らないように気をつけましょう。特に仔猫にはノミが多くついている場合が多いので注意が必要です。

【潜伏期間】

猫や犬にひっかかれたり、噛まれたりしてから数日~数週間後に発症します。

【感染しやすい時期】

主に夏から秋の時期に感染数が増えます。

【治療方法】

解熱鎮痛剤での対症療法が中心です。症状が長引く場合は抗菌薬を用いて治療を行います。

イヌ回虫症

イヌ回虫症は幼虫移行症の一種に分類され、別名をトキソカラ症ともいいます。イヌ回虫は仔犬の小腸に寄生している虫で、イヌ回虫の幼虫が眼の中や体の中(肝臓や肺、筋肉)に侵入するとイヌ回虫症が発症します。イヌ回虫の卵を飲み込んだり、イヌ回虫が寄生している牛肉や鶏肉を生で食べたりすることで発症する場合もある病気です。

犬の目

【症状】

症状が現れない場合もありますが、イヌ回虫が肺に侵入することで咳が出たり、熱が出たりします。アレルギー症状を起こすと皮膚に発疹が現れます。脳まで達するとてんかんのような発作が起きることもあります。
イヌ回虫が眼の中に入ると視力の低下や目の痛みが出てきます。その他にも眼を動かすときにゴミが動くように見える飛蚊症という症状も現れます。

【予防】

回虫を排泄しやすい仔イヌとの接触をなるべく避けるようにしましょう。イヌを触った後、砂場遊びをした後は、必ず手を洗う習慣をつけるようにしてください。また、肉類はきちんと火を通して調理するように心がけましょう。

【潜伏期間】

約2週間といわれています。

【感染しやすい時期】

季節によって感染確率の差はありません。

【治療方法】

人間の体の組織内に侵入した回虫については、まだ確実な治療方法はありません。出ている症状への対症療法が中心となります。

ピロリ菌とは? ピロリ菌とはどんな菌か。 名称はヘリコバクター・ピロリ。 主に人の胃に生息しており胃だけではな ・・・[続きを読む]
2016.04.28
食中毒は大変辛い症状があり、場合によっては重症化することもあります。食中毒には細菌性によるものとウイルス性のも ・・・[続きを読む]
2016.04.28
小児の感染症の一つ溶連菌感染症は喉の痛みが特徴。細菌による感染症は医療機関で診察を受けて正しい治療を早期に始め ・・・[続きを読む]
2016.04.28
とびひは正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と呼ばれています。皮膚の疾患で人から人へ感染すること ・・・[続きを読む]
2016.04.28
子供に多くみられる水イボは、粘膜や皮膚のウイルス感染症の一つです。感染力はそれほど強くはありませんが、不快な症 ・・・[続きを読む]
2016.04.28
咽頭結膜熱について 咽頭結膜熱は通称プール熱とも呼ばれる子供に多い夏の病気の一つ大流行する年もあるため、ピーク ・・・[続きを読む]
2016.04.28
プール熱とは 子供が夏にかかる病気の一つで、プールでの感染が多いためにプール熱と呼ばれています。この病気の症状 ・・・[続きを読む]
2016.04.28
風疹ははしかにも似ていることから、「3日はしか」とも呼ばれています。子供がかかる病気の一つとしてお馴染みですが ・・・[続きを読む]
2016.04.28
夏風邪としてお馴染みのヘルパンギーナは高熱がでる辛い症状があります。夏風邪の代表的な病気の一つですが、健康に夏 ・・・[続きを読む]
2016.04.28
リンゴ病 リンゴ病は正式には伝染性紅斑と呼ばれる子供に多い感染症の一つ。リンゴ病と呼ばれるのは症状で頬がリンゴ ・・・[続きを読む]