幼い子供が嘔吐を繰り返しているのを見ると、看病する側も焦りがちです。病状をよく観察し、すぐに受診しましょう。

子供の嘔吐

子供の嘔吐は大人に比べると比較的多いといわれています。 その理由でもっとも考えられるのが、ウィルスによる胃腸炎かと思われます。 細菌

ウィルス感染の場合は、

  • 突然、嘔吐や下痢の症状が出る
  • 高熱(38度以上)にはならない

特に、子供は集団生活を行っているため、ウィルスが蔓延しやすく、集団での感染といったことが起こります。 特に冬場は乾燥で、菌が蔓延しやすく、また寒さから体調も崩しやすいという点が考えられます。







子供が嘔吐した場合気を付ける事

脱水症対策

嘔吐と下痢を繰り返すと心配になってくるのが脱水症です。 そのため、吐くと水分を飲ませようとしますが、一気に飲ませると胃に負担がかかり余計に辛くなります。 しかし、ずっと水分を取らないわけにはいかないので、嘔吐や下痢の症状が少し落ち着いたらスプーンなどで少しずつ水分を取らせるようにしましょう。 また、食事も水分がきちんと摂取できるようになってからで十分なので、無理に与えないようにしましょう。

頭を強打した後の嘔吐ではないか

子供が嘔吐する原因の一つに、頭に強い衝撃を受けた場合があります。 これは、外部から脳への強い衝撃によって嘔吐中枢が刺激されたり、自律神経の一時的な乱れによって起きるものと言われています。 しかし、念のため医師に確認することをお勧めします。

頭痛、言葉が出ない・・。手足のしびれがある

脳に腫瘍がある場合に起きるといわれているのが、吐き気と嘔吐、手足のしびれや言葉が出ないといった症状です。 また、インフルエンザや高熱による脳症、髄膜炎なども嘔吐する場合があります。 高熱がある、吐き気と共に頭痛がある、手足のしびれや言語に支障が出ているなどの症状がある時はいち早く病院を受診しましょう。各種ウイルスに対して効果があるとされている次亜塩素酸水等を活用し除菌対策も致しましょう。

発熱している子供




ピロリ菌とは? ピロリ菌とはどんな菌か。 名称はヘリコバクター・ピロリ。 主に人の胃に生息しており胃だけではな ・・・[続きを読む]
2016.04.28
食中毒は大変辛い症状があり、場合によっては重症化することもあります。食中毒には細菌性によるものとウイルス性のも ・・・[続きを読む]
2016.04.28
小児の感染症の一つ溶連菌感染症は喉の痛みが特徴。細菌による感染症は医療機関で診察を受けて正しい治療を早期に始め ・・・[続きを読む]
2016.04.28
とびひは正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と呼ばれています。皮膚の疾患で人から人へ感染すること ・・・[続きを読む]
2016.04.28
子供に多くみられる水イボは、粘膜や皮膚のウイルス感染症の一つです。感染力はそれほど強くはありませんが、不快な症 ・・・[続きを読む]
2016.04.28
咽頭結膜熱について 咽頭結膜熱は通称プール熱とも呼ばれる子供に多い夏の病気の一つ大流行する年もあるため、ピーク ・・・[続きを読む]
2016.04.28
プール熱とは 子供が夏にかかる病気の一つで、プールでの感染が多いためにプール熱と呼ばれています。この病気の症状 ・・・[続きを読む]
2016.04.28
風疹ははしかにも似ていることから、「3日はしか」とも呼ばれています。子供がかかる病気の一つとしてお馴染みですが ・・・[続きを読む]
2016.04.28
夏風邪としてお馴染みのヘルパンギーナは高熱がでる辛い症状があります。夏風邪の代表的な病気の一つですが、健康に夏 ・・・[続きを読む]
2016.04.28
リンゴ病 リンゴ病は正式には伝染性紅斑と呼ばれる子供に多い感染症の一つ。リンゴ病と呼ばれるのは症状で頬がリンゴ ・・・[続きを読む]